グリーンハイツ未来都市構想

「うさぎ追いしかの山、こぶな釣りしかの川」

ここにはかつて私のかの山、かの川があった。

その夢は今も巡りて、我が生命の源になっている。

 

子供のときに書いた作文の題が「長岡村の未来」

白砂青松の海岸、富士を仰ぐ丘、たぐいなき美の故郷

そこに電車を通し、駅を作り、ビルを作る夢を書いた。

 

その夢は大成建設の手で、具現化した。

しかし、約半世紀が過ぎ、街から活力が消えた・・・

何とかこの街に新たな息吹を吹き込まねば。

笑顔で生活を謳歌する駅前都市に再生しなければ。

関東広しと言えども、グリーンハイツほど

駅周辺のポテンシャルの高い街を私は知らない。

2025年を目標に、世界に誇れる街構想を作り上げたい。

福祉も充実した未来都市構想

福祉も充実した未来都市構想

生活に至便なだけでなく、未来型福祉を研究する企業と提携し、24時間ロボット介護、インタラクティブ通信など夢のある老後を可能にする250戸の施設が用意されている。グリーンハイツの高齢者を優先するが、一般にも分譲を予定している。

第一工区が最大の宝

第一工区が最大の宝

第一工区がこの未来都市開発の最大のアドバンテージ。ここに200戸2棟を建設後、第二工区の180戸の方々が優先的に等価交換して移り住んでくる。残る220戸は開発引当費として開発組合が分譲する。このパターンを6回繰り返す壮大な事業となる。

傘なしで駅から街へ

傘なしで駅から街へ

傘の要らない湘南長沢駅と直結した商店街とする。スーパー、カフェ、銀行、レストラン、居酒屋、カラオケ、整形外科、小児科、内科、眼科を揃えた生活に至便の街になる。駐車場も200台分用意し、周辺の町からも多くの人を呼び込む。

駅・海・山が一体の夢の街

駅・海・山が一体の夢の街

ポテンシャルに優れた富士・武山ハイキングコースを再整備し、駅と街とハイキングコースを一体化。ハイキング後にはショッピングや談笑も楽しめる健康都市として誰もが憧れる理想の田園都市となる。

駅前構想第二案

駅前構想第二案

駅前東側には既存の道路が津久井小学校へと続いている。駅前広場の桜の下では、地元のお祭りが今までどおりに開催される。

未来都市構想第三案

未来都市構想第三案

都市開発の最初の決定事項は9階建てにするか高層にするか。建物は30メートルを超えると規制は極端に厳しくなるからだ。

© 2016 Parthenon.Co., Ltd  株式会社パルテノン